お申込みから譲渡までの流れ

 
①猫をさがす
当会の譲渡規則をよくお読みになり、譲渡会・webより気になる子を探し当会譲渡規約にご同意の上お申し込みお申込み下さい。
②個別面談
譲渡会では面談シートがございます。Webでの申し込みは後日担当から連絡があり面談となります。
③お返事
当会は保護猫には、それぞれ保護主がおり、飼い主のいない猫を保護しております。最終決定は保護主の判断となります。
④譲渡決定
ご都合の良いお届け日を決めて、ご自宅に猫をむかえる準備をお願いしまします。
⑤譲渡お届け
当日は誓約書の記入の他医療費ご負担金のお支払の他猫と一緒に写真撮影があります。

譲渡規約

 
  • 里親さんになっていただく方の条件
    1. 18歳以上で経済能力のある方。
    2. 終生愛情と責任を持って飼育し、当会の許可なしに他人への再譲渡をしない方。
      (状況に関わらず飼育を続けて頂ける方への譲渡を望んでいます。)
    3. 飼育について家族全員の同意が得られている方。
    4. 適性飼育できる環境に居住している方。
    5. 避妊去勢のお約束をしてくださり、報告を頂ける方
    6. 完全室内飼いをお守りいただける方。(脱走防止策を講じて下さい。)
    7. 伴侶動物としてのみ飼育し、再譲渡・販売・貸出し・展示・動物実験などに利用しない方。
    8. 概ね60歳程度の方が里親を希望される場合、ご本人が万一飼育継続が出来なくなった場合に猫を引き取って終生飼育できる方のご同伴と、その方にも、誓約書、同意書へのサインをお願いしております。
    9. ペット飼育可能な物件に住んでいること(管理契約書・頭数制限を確認ください)
    10. 病気や怪我の際に適性な医療行為を動物病院でうけさせることができる方
    11. 猫のお届け時にご自宅訪問し飼育環境を確認させていただける方(環境確認)
    尚、以上の条件を満たしている場合でも譲渡をお断りする場合がございます。 その場合、譲渡の可否を判断した理由を申し上げる事は出来ませんのでご了承下さい。 どうぞご理解下さい。
  • 当会でお渡しする猫について
    1. 原則として生後2ヶ月前後から(成猫を含む、2か月に満たない場合の譲渡は経験者及び当会が譲渡可能と判断した場合のみ可能です)
    2. 健康診断済み(便検査1回、個体によってはウイルス検査済み)
    3. 1回目のノミ・ダニ・腸管寄生虫の駆除済み[1]
    4. 1回目の3種ワクチン接種済み
    5. 去勢不妊手術済み(子猫を除く)
    となっております。
    里親さんとして引き取っていただく方には、個体にかかった医療費、交通費をご寄付いただいています。
    詳しくは「譲渡に関わる諸費用」をご覧ください。
  • 譲渡に関わる諸費用ついて
    猫の譲渡に関わる諸費用は個体にかかった医療費、交通費をご負担いただいています。

    当会では譲渡する猫自体はすべて無料ですが、譲渡時にかかった医療費他、譲渡に関わる諸費用を里親さんにご寄付いただいておりますのでご了承ください。

    不妊手術、ワクチン接種、寄生虫の検査・駆除などは猫の飼育をするようになった人が必ず動物病院で行う事です。
    当会では上記を一通りすませた上でお渡ししています。
    よい飼育者であるためには、かかりつけの病院を持つことが必須になりますので、譲渡後は2回目以降のワクチン接種などを含めて、お近くの動物病院へお越し下さい。

    [1]<基本的な駆虫に関して>

    1回目:レボリューション(ノミ、回虫、ミミヒゼンダニ)

    一般の動物病院での駆虫プログラムは、基本的に2回~3回になりますが、当シェルターでは譲渡までの期間の関係上、1回目が終了した後に新しいご家庭に迎え入れていただく場合もあります。
    その場合には2回目の駆虫薬をお渡ししますので、ご家庭での投薬をお願いします。
    保護中の便検査で条虫・回虫が見つかった場合には、駆虫薬を投与しています。
    1回のみの駆虫プログラムでは、不十分な場合がありますので、以降の駆虫に関してはかかりつけの動物病院の先生とご相談していただくよう、お願いいたします。
    <コクシジウムに関して>

    コクシジウムという顕微鏡レベルで確認できる寄生虫がいます。こちらの寄生虫に関しては、検便をして寄生が確認されたら、随時抗コクシジウム薬を飲ませて駆虫していくという形をとっています。
    ただし、このお薬で完全に駆除できるというわけではなく、コクシジウムの増殖を抑制し、猫自身の免疫力で寄生虫を押さえ込むという形になりますので、譲渡が決まり、新しいご家庭に移った際に、環境が変わるなどのストレスが加わると、再び下痢などの症状が出てくることがあります。
    この寄生虫に関しては、100%駆虫できましたという保障が出来ませんので、かかりつけの動物病院の先生とご相談していただくよう、お願いいたします。